×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

芭蕉おくのほそ道 jusin

おくのほそ道行程
元禄2年(1689)
3月27日
(陽暦5月16日)
旅立ち

<東京都>
5/16深川
5/16千住

<埼玉県>
草加
5/16 粕壁
5/17 間々田

<栃木県>
室の八嶋
5/18 鹿沼
5/19 日光
5/20 玉生
5/21 黒羽
6/3 高久
6/5 那須湯本
芦野 遊行柳

<福島県>
白河の関
6/7 旗宿
6/8 矢吹
6/9 須賀川
6/16 郡山
日和田 安積山
二本松 黒塚
6/17 福島
志信文知摺
6/18 飯坂
桑折

<宮城県>
鐙摺
6/19 白石
笠島
岩沼
6/20 仙台
多賀城
6/24 塩竈
6/25 松島
6/26 石巻
6/27登米

<岩手県>
6/28一関
平泉
6/30 岩手山
鳴子・尿前

<山形県>
7/1 堺田
赤倉
山刀伐峠
7/3 尾花沢
7/13 立石寺
7/14 大石田
天童
山形
7/17 新庄
最上川
7/19 羽黒
7/22 月山・湯殿山
7/23 羽黒
7/26 鶴岡
7/29 酒田

<秋田県>
7/31 吹浦
8/1 象潟

<山形県>
8/3 酒田
8/10 大山
8/11 温海

<新潟県>
8/12 北中
8/13 村上
乙宝寺
8/15 築地
8/16 新潟
8/17 弥彦
8/18 出雲崎
8/19 鉢崎
8/20 直江津
8/22 高田
8/25 能生
糸魚川
親不知
8/26 市振

<富山県>
8/27 滑川
奈誤の浦
8/28 高岡
倶利伽羅峠

<石川県>
8/29 金沢
願念寺
9/7 小松
多太神社
9/10 山中
那谷寺
9/18 小松
9/20 全昌寺

<福井県>
汐越の松
9/22 松岡
天龍寺・永平寺
9/24 福井
9/27 敦賀
気比神宮
9/29 色の浜

<岐阜県>
10/2 関ヶ原
10/4 大垣
1018 大垣出発
日本俳文・紀行文学の傑作 松尾芭蕉 おくのほそ道
お江戸深川・千住から日光・奥羽・出羽・越後・北陸・美濃大垣までの2400kmの旅

千住の千文と寿信
2002年から、芭蕉の旅、奥の細道の旅を続けています。その記録を、綴って行きたいと思います。
日光路 奥州路 出羽路 北陸路
5/16 深川
5/16 千住
5/16 草加・粕壁
5/17 室の八嶋・間々田
5/18 鹿沼
5/19 日光
5/20 玉入
5/21 黒羽
6/03 高久
6/05 那須湯本殺生石
白河関
須賀川
郡山
福島
飯塚
白石
仙台
塩竃
松島
石巻
登米
平泉
岩出山
鳴子
堺田
尾花沢
立石寺
大石田
新庄
出羽三山
鶴岡
酒田
吹裏
象潟
大山
温海
越後路
市振
滑川
高岡
金沢
小松
山中
大聖寺
松岡
福井
敦賀
大垣 

千文 おくのほそ道 日光
 おくのほそ道 行程

 おくのほそ道 全句

 旅の日 5月16日(旧暦3/27)
芭蕉さんが、おくのほそ道を旅立った日です


◆ 芭蕉の旅履歴


日光杉並木

千住大橋より深川を望む 隅田川我町千住が 芭蕉おくのほそ道旅立ちの地だということは知っていたけれど
人生半分を過ぎ、奥の細道旅立ちの地に生まれた使命感に背中をおされ
300年以上たった今、芭蕉を追って旅を行く。
おくのほそ道・芭蕉ゆかりの地を駆け巡れば、日本の自然や歴史、郷土愛にふれあい、その偉大さを思い知る。
芭蕉の旅は、電車、車、バス、自転車、バイク、俳句、詩、絵、写真、日記、HPetc旅の手段や表現は自由。  
青春18キップという日本全国JRの各駅停車に乗れる気のきいたフリーキップもある。18歳の年齢制限があるのか?という疑問、その心配はない。いくつになっても旅は青春なのだ。肌とこころに感じるままがいい。
日本を歩こう!旅に出よう!
芭蕉の見た風景、芭蕉の句碑、芭蕉像が待っていてくれる

旅人と 我名よばれん 初しぐれ  「笈の小文」芭蕉44歳の句



千住宿歴史プチテラス 展示会・・・墨絵:秀竹さん  


松尾芭蕉(1644~1694) 江戸時代前期の俳人
おくのほそ道
住みなれた 芭蕉庵を譲り元禄2年(1689)3月27日(5/16)松尾芭蕉46歳、門人河合曾良と深川から船に乗り千住で上がり、陸奥北陸を経て美濃大垣に至るまでの大行脚。
150日、600里(実距離 1600km) 大垣から伊勢遷宮参拝、故郷の伊賀へ向かう

時代は、お犬様で世に名だかい徳川五代将軍綱吉。文化も爛熟期を迎えていた頃、元禄2年(1694)3月27日(5/16)深川芭蕉庵を立ち出で、奥州日光街道掃門宿江戸の関門千じゆと云所にて船をあがる。
行春や鳥啼魚の目は泪 
これを矢立初として 此処よりおくのほそ道の第一歩を踏み出す。道祖神のまねきか、松島の月を求め、東北の歌枕、西行、源氏・義経を追いかけ、旅を終える。その後伊賀、京都、奈良、大津に滞在5年間の推敲を重ね元禄7年の春、完成させる。その同じ年 10月12日 芭蕉51歳 大阪にて没す。

時代背景
元禄2年
(1689)
芭蕉さん、おくのほそ道の旅に出る
元禄7年
(1694)
5年後 おくのほそ道清書
清書;門下の能書家の柏木素龍→実家の兄半左衛へ→10月1 芭蕉死去
「素龍清書本」→弟子向井去来→やがて 敦賀の西村家(西村本・芭蕉所持本)へ
元禄15年
(1702)
「おくのほそ道」出版 
素龍清書本を摸して 京都の井筒屋庄兵衛が出版(元禄版本) 
おくのほそ道の旅から13年、芭蕉死後8年後のことです 

・・元禄15年12月 赤穂浪士・吉良邸に討ち入りと同じ年
赤穂浪士には 俳人が多くいたと伝わります
笹売りに扮した 源吾と芭蕉門下:基角が両国橋で
ばったり出会い 句を交わします
年の瀬や水の流れと人の身は・・基角
明日またるるその宝船・・源吾
四十七士の一人・大高源吾。その晩 討ち入りが行われた。


参考資料 ホームページ・文献

■ 芭蕉DB・・伊藤洋先生のHP

● 新版 おくのほそ道・・現代語訳 潁原退蔵・尾形仂 角川ソフィア文庫
● 奥の細道を旅する 深川から大垣まで 旅とガイドと行程図付・・JTB
● 奥の細道を歩く・・松井 利彦著 山と渓谷社
● 芭蕉翁句碑 三重県上野市 芭蕉翁顕彰会
● グラフィック版 奥の細道・・株式会社 世界文化社
● 「おくのほそ道」出羽路の旅 梅津 保一 著 東北出版企画
● 芭蕉庵桃青と神田上水 酒井 憲一・大松騏一  共著 近代文芸社
● 松尾芭蕉の像を探す旅 妻と二人で 中村滋夫 編集製作 朝日新聞出版サービス



HOME